本を売るアプリがあるって本当?

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近は色々なアプリが出ていますが、気になったのは「ブクマ」というアプリです。
ブクマがどんなアプリかと言えば、本を売ることができるアプリです。
特徴としては最短10秒で出品できる本のフリマアプリになります。
なので使い方も簡単で、本に付いているISBN番号のバーコードを読み取るだけで出品できます。
本を売る方法で言えば最近では自宅に宅配業者が引き取りに来る宅配買取りが人気ですが、
やはり本を高く売ることを考えると業者よりも個人に売ったほうが高値で売却できるのは言うまでもありません。
しかし、個人間で本を売ると言ってもオークションやフリマアプリのように手間がかかったら意味がありません。
本なんて高く売れたとしても基本的には100円ぐらいでしょうから、そのためにわざわざ商品説明を
書いたり、写真を取ったり、落札者からの質問に答えたり、販売できたら相手側に送ったりといった
手間を考えると数百円ぐらいの売上だと割に合わないことが多いですよね。
でもこの本を売るアプリのブクマのように出品までを簡単に行えるようなシステムが登場することで
より個人間の本の売買が活発になるでしょう。これは売る側だけでなく買う側もお店で購入するよりも
安く購入できる可能性が高いので嬉しいことですね。
そのうち中古本の売買は個人だけで完結できるような時代が来るかもしれませんね。

関連>>古本の宅配買取り業者で段ボールが無料な業者まとめ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kingmarineinc.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、authorが2018年6月19日 16:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビッグクラブが動く」です。

次のブログ記事は「Perfumeはいつも口パク?ライブや紅白でも?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2